保護者の声
 
◆入園当初はカチカチに固まって通園していた娘も2年目になり、すっかり園生活を楽しんでいるようです。
先生方、お友達、そして支えて下さる方々に囲まれ、伸びやかに子どもらしく育まれているのを感じると度に嬉しく思います。受け入れられている、認められているという安心感、求めれば応えてもらえるという信頼感は子どもにとって何と心強いことでしょう。
我が子が、社会生活への第一歩をこのように踏み出せたことを喜ぶと共に、これも神様のお導きと感謝する毎日です。
【年中 百合組 保護者より】


◆白百合学園幼稚科にお世話になり始め3年目を迎えました。それまでキリスト教とは無縁の生活をしておりましたが、入園してからは、先生方から毎日の礼拝の中でイエス様の話をもとに、自然のこと、植物のこと、虫のこと、命のこと感謝すること、互いに助け合うこと、守られていること等を教えていただきました。人が人として生きていく上での指針となる本当に大切なこと、まさに心の教育です。人間の土台作りと言われているこの時期に素晴らしい教育が受けられていることに日々感謝しております。
【年長 大百合組 保護者より】


◆少人数のあたたかい園・・・私の第一印象でした。一人一人を認め、受け止めて下さる先生方に囲まれ、日々神様に見守られながら園生活を過ごしていく中で思いやる心、やさしい心が育っています。「おはよう!!」と自然に交わす挨拶。ごめんね、ありがとう。大丈夫?と素直に出てくる言葉。個性の光る園庭。
この素晴らしい環境の中で娘も心身共に大きく成長している事に感謝する毎日です。


◆毎日、嬉しい時も、悲しい時も、病気の時も、お祈りを通して自分一人だけではないことを、娘も、息子も体験し、学び、とても毎日が満たされています。また、心も体も成長していくのが分かります。
また、笑顔で登園し、楽しい園生活を送れる様にして下さる先生方、お友達、たくさんの方々に支えられている事を大変感じ、心から感謝しております。


◆息子は園が大好き。
自然な環境の中で毎日、伸び伸びと楽しく園生活を送っています。
帰ってくると、今日園であったこと、楽しかったこと、出来るようになったこと、目を輝かせながら話をしてくれます。
また時には、「いつもお弁当を作ってくれてありがとう!おいしかったよ!いつもお掃除やお洗濯をしてくれてありがとう!」
いつからでしょうか、言葉にしてたくさんの感謝をしてくれるようになりました。
こうして毎日、元気に笑顔で通っている息子の姿、お心まで成長した姿を見ていると、支えて下さっている先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。先生方は、子供達の個性をとても大切にして下さり、温かく見守って下さいます。園児一人一人に目が届く環境の中、子供も安心して園生活を送ることができ、また親としても安心して送り出せます。
知らない土地へ引っ越しをしてきての幼稚園選びで、迷いや不安もありましたが、環境の良い園、温かい先生方がいらっしゃる園に出会えたこと、これも神様が導いて下さったものだと感謝しています。
残りの園生活も子供が笑顔で楽しく、また健やかに成長してくれることを願います。【年長 大百合組 保護者より】


◆娘からは、『とにかく幼稚園が楽しくてしょうがない!』というエネルギーが、言葉から、体から伝わってきます。この強いメッセージを力いっぱい受け止めて、迎えて下さった先生方、いつもいっぱい遊んでくれたお友達、たくさんの方々からの優しさをいただき、3年間の生活が終わろうとしています。この出会いと経験を神様に感謝しつつ、卒園の日まで、大好きな幼稚園の思い出を一つでも多く作りたいなと思っています。              【年長 大百合組 保護者より】


◆卒園を目の前にした今、娘を見て思うことは、入園時は泣きながら登園していた娘も、今では自己主張がはっきり出来るようになり、また大百合組(年長)として菫組(年少)さんのお世話している姿を見ると、身体も心も大きく成長した事を嬉しく思います。幼稚園生活の中で、神様の愛のもと、大好きな先生方やお友達に支えられ成長出来た事に感謝しております。卒園までの日々を一日一日、大切に過ごしていきたいと思います。【年長 大百合組 保護者より】


◆≪役員を終えて≫
1年間役員をやらせていただきまして有り難うございました。慣れない任務に何かと不手際が多く失敗も多々ありましたが皆様に支えられ何とか任期を終えることが出来そうです。PTA主催のバザーの直前は大変な時期もありましたが、と同時に大変有意義な時間を持つことが出来ました。まず少なからず裁量と責任を伴う仕事をすることでこんな私でも少しは成長できたこと?そして私が頑張ることで子どもが喜び応援してくれたこと、子どもの新しい友達ができたこと、私たちの園児のため教会員、OBの方々が労を惜しまず協力して下さっっている事を目の当たりにし幸せを感じたこと、子ども達と先生の日々のかかわり方から幾度となく感動を味わえたこと(子ども達の心を育てて下さっています。素晴らしいです)
 そして、何より子育ての喜びや悩みにとどまらずなんでも話を共有できる役員友達ができたこと、どれも役員をやったからこその貴重な経験でした。ありがとうございました。【年長 大百合組 保護者より】


◆残りわずかとなってしまった幼稚園。4号の制服で入園した娘も、7号を着るまで大きく成長しました。この3年間『幼稚園行く!』と言ったことはあったけど、『行きたくない!』と言ったことは一度も聞いたことはありませんでした。毎日を楽しく過ごさせて下さっている神様、先生方、お友達に心から感謝しつつ、最後の日まで楽しんで欲しいと思います。【年長 大百合組 保護者より】


★日々、子どもの心が神様に守られていることを感じます。怪我をした人に会ったり、東日本大地震のニュースの後、一人でお祈りをする姿を見ると、人を思いやる心が育っていること、人の力の及ばぬ事でも神様にお祈りすることで、救われる事を知っているようです。               【年中 百合組 保護者より】


★春休みのある日『お休みがなければ毎日幼稚園に行けるのに』とつぶやいていた息子。息子にとって幼稚園は大切な場所なんだと改めて感じました。大好きな先生、お友達に囲まれて過ごす事が出来る息子は幸せ者!そんな息子を持てた私はもっと幸せ者です!!
素晴らしい毎日を与えて下さった神様、先生方、お友達に感謝の毎日です。【年中 百合組 保護者より】


★神様に見守られて、大好きな先生とお友達と楽しく過ごせる日々を感謝します。去年、幼稚園でペットボトルを集めました。それ以来息子が真面目に集めてます。私はうっかり捨てようとすると『お母さん、これを捨てちゃダメだよ。これはワクチンに変わるよ・・』といってくれます。自分のことを恥ずかしく思う反面、息子の成長がとても嬉しく思います。この思いやりの気持ちをずっと続けてほしいと願っています。【年中 百合組 保護者より】


★毎朝登園する際、『今日は何をするの?』から始まり、迎えに行くと『今日は何をしたでしょうか?』と延々帰宅までの道のり、私と離れてから起きた1〜10まで全ての出来事を話してくれる息子。私にとってたわいのない事でも、息子にとっては新鮮で、刺激があり、創造力、表現力がぐんぐん伸びているのを感じる毎日です。
これも毎日行われる神様への感謝、そして、尊敬出来るお友達、また、その子ども達を育てている保護者、先生方があってこそだと。息子を含め、自分自身もいい環境に恵まれたと思っております。 【年中 百合組 保護者】


★入園時は、マイペースで、すぐに脱走をしてしまう子でした。長い間、登園拒否が続き、団体行動のできない子なのではないかと心配しましたが、先生方の根気強いご指導のお陰で今ではすっかり落ち着きました。最近はお友達と遊ぶことも出来るようになりまして、成長を感じられる日々です。これからも宜しくお願いします。【年中 百合組保護者より】


★菫(年少)の時は、泣きながら登園する事が多く、大百合組・百合組のお兄さんお姉さんに面倒を見てもらう事が多かったのですが・・。今は自分から菫組の子のお世話をしている姿を見て、すごーく成長したと感じます。これもみんな、幼稚園の教えのおかげです。【年中 百合組 保護者より】


★入園した頃は全く競争心などなかった子ですが、いつからか、何をするにも順位を付けたがるようになりました。身のまわりのこともだいぶするようになりました。園でも生活がとても良い影響を与えてくれているようです。毎日元気に通園していることに家族一同感謝しております。【年中 百合組保護者】


★娘が幼稚園にはじめて入園した時すごく嬉しそうで、新しいお友達と一緒に遊んで楽しかったようです。先生達のことも大好きって言っています。毎日自分で起きれなかったのですが、自分で起きるようになり、幼稚園のお休みがない方がいいなって言っています。性格もお姉さんみたいに自分のことはなんでもやりたがるし、家の手伝いもよくやってくれるようになりました。幼稚園には本当に感謝しています。【年中 百合組保護者】